理想社会の実現にITをどう生かしていくか

ITの進化によって我々の生活は急激に変化しています。
今までは大きな企業などの情報収集の機器としての機能しか果たしていなかったパソコンなどが、より小型化、軽量化され、企業などに大量におかれているほか、社員などが外勤などで持ち歩くことができるノートパソコンへと進化してきました。

さらに近年では、通常のディスクトップ型のパソコンでありながら、ディスプレイをはずすだけで、タブレット端末になり、通常のパソコンと同じ機能を外でも使えるというパソコンも出てきました。
我々の日常生活でもっと身近なところでは電話の進化です。
線でつながれていた固定電話が、どこにいても電話をしたいというニーズによって携帯電話へと進化。

さらに、いつでもどこでも重要なことを伝えたいというニーズから、メール機能が追加されました。
これによってメールを送るためにはインターネット回線を使わなければならないため、携帯電話でインターネットにつなげることができるようになり、結果、携帯電話を持つ人たちは自分たちの携帯電話からインターネットに接続し、情報を収集したり発信したりすることができるようになりました。

それによって、個人を相手にしたインターネットを活用した多くのサービスなども登場してきました。
買い物にいけない人たち、買い物弱者をなくするためのネットスーパーや買い物代行サービス、色んな企業の中から自分にあったサービスを見つけるサービスなどが登場してきています。

しかし、まだまだ理想の世界とは言い切れません。
すべての人たちが不自由なく過ごせるような社会になるために、これからもITはどんどん開発が進められていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です