ITとパソコンの関係

ITといえば情報通信機や情報通信に携わるすべての仕事などを総称したものを言いますが、その中の代表として、パソコンがあります。
まだ携帯電話も普及していなかった時代、大企業がほかの会社の動向や情報を手に入れるために使っていたパソコン。
大型で奥行きのあるディスプレイではありましたが、当時の起業にとってはほかの情報を調べる情報網として重要な機能を担ってきました。

まったく別な方向で電話が携帯電話へと進化して、携帯電話などからもインターネットなどを見ることができるようになると、パソコンもより薄く、より高性能になっていきました。
タイプライターから始まった文字を打つことがメインの仕事だった機器が、ワープロ、パソコンと進化することによって、文字を打つだけでなく、計算したり、文書を他企業に送ったりする多機能な機器に生まれ変わっていったのです。
また、記憶媒体の出現により、パソコン内に収め切れないほどの情報も記憶媒体に覚えさせることでより多くの情報を仕入れることができるようになったのです。
近年ではよりパソコンは進化してきました。

通常のデスクトップ型でありながら、ディスプレイが取り外しでき、タブレット端末のように操作できるパソコンが出てきています。
操作もタッチパネルで操作ができ、会社でも外でも持ち歩いてその場d瀬最後とができるように進化しました。

また、パソコンの機器の進化と共に、インターネットを活用した様々なサービスが進化してきて、今では家にいたままで色んなことができるようになりました。
クラウドサービスという家にいたまま仕事ができるというサービスもあります。
このようにITはパソコンの進化と共に進化しており、機器だけでなく様々なインターネットサービスを活用したサービスをも進化させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です