ITの今後の動向

ドラえもんのような時代は理想だけれどきっと来ないよと思われていた、ドラえもんの漫画が出始めた1970年代、この頃からパソコンなどが出現し始め、IT産業が盛んになり始めました。

今まではタイプライターやワープロなどといった、少ない機能しかなかった会社の文章を作成したりする機器が、多くの機能を持ったパソコンに進化。
最初はそのときの作業しか記憶できなかったパソコンに記憶媒体が付属されることによって、人間の頭脳並の機器へと変化していきました。
身近な部分でのITといえばやはり携帯電話でしょう。

当初は外でも自由に電話がかけたいという、公衆電話の代わりの機能として、通話機能しかなかった携帯電話がその後、つながらないときでも重要事項は伝えたいというニーズにこたえて、メール機能が装備。

メールを送受信するためにはインターネット回線を通さなくてはならないことから、携帯電話でインターネットにつなぐことができるようになり、携帯さえあればいつでもどこでも情報を仕入れたり、自ら発信したりすることができるようになりました。
こうして多くの人たちがITを利用できるようになると、ITを活用した色んなサービスも構築されてきます。

そういったサービスなどによって家にいながら買い物をしたり、銀行の手続きをしたり、いろんなことができるようになりました。

このように我々の日常生活を便利にしてきている、ITは今後も利用者のニーズや要望などにこたえながら様々に変化していきます。
いつの日かドラえもんの世界のような時代が来るのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です